プロファイル

 気を張って新しい紙に向かうとき 思いかけずきらめく瞬間があるが、それほどうれしい時はない.

小谷孝子

 

福井県生まれ大阪、東京育ち。1971年渡米。

1977年ベネズエラへ移り、カラカスで本格的に絵の勉強を始める。

これまでベネズエラ、アメリカ、ヨーロッパ、日本各地で 数多くのグループ展や個展を開いてきたが、長く続く国政不安、治安悪化を鑑み2016年日本へ帰国。

 今再び生まれ故郷で日々感じること、"第二の祖国"への思いを、東洋と西洋の

”目と心””で描く。

 

 


links

share